理系女子大生コミュニティ凛代表、島百子さんにインタビューしました。お茶の水女子大学 理学部 情報科学科でIT全般を勉強されています。

情報系を専攻された理由を教えてください
高校生の時、将来の夢が見つからない私は大学での専攻を決めかねていました。そんな時、当時の担任の先生が進路が定まっていない私にこそ情報系がいいのではないかと勧めてくれたんです。ITは様々な分野と切っては切れない関係にある、と気付かされその可能性に魅力を感じて情報科学を学ぼうと決めました。

プログラミングについては今どんなことを勉強されていますか?また勉強してみていかがですか?
現在はプログラミング言語の一つであるJavaについて勉強しています。それまではC言語などを学んでいたのですが、言語によっての特徴を発見できるのも楽しいです。

理系の女子学生団体は珍しいですよね。活動しようとした理由を教えてもらえませんか?
大学に入学したばかりの頃、先ほどお話したように私は自分のやりたいことが見つからず不安でした。IT企業といってもどのような仕事があるんだろう、他の分野への就職も可能なのだろうか、そういったモヤモヤを抱いていたんです。スタッフ募集をしていた凛のミーティング見学に行って、凛が企業取材を通して社会で活躍する理系女性にお話を伺っていること、そしてその情報をイベントやフリーペーパーを通して発信していることを知り、自分だけでなく全国の理系女子に将来を考えるヒントを提供しているところにも惹かれ加入を決めました。関東を中心とした様々な大学のスタッフが在籍し交友関係を広げられるところも魅力でしたね。

将来の夢を教えてください
現在は報道に携わる仕事に興味を持っています。凛の活動を通して、情報によってもたらされる知るということの大切さを学びました。理系女子大生と関わる中で、自分の専攻以外に目を向ける学生の少なさを感じます。理系分野を学ぶ中で培われた勤勉さや論理的思考は他の分野でも十分に活かせるし、実際にそういった強みを活かしながら専攻とはまったく異なる職種で活躍されている方が大勢いらっしゃいます。そのことを伝えることで、理系女子大生の選択肢を増やせると思うんです。多くの選択肢の中から選んだ方が納得もいくし後悔も少ないんじゃないかって。そういった気付きから情報を伝える分野に興味をもっています。まだ具体的な職種については決めていないのでこれから見つけていきたいですね。

 

 (写真: 島百子さん)

 

<理系女子大生コミュニティ  凛>
繋がれ、理系女子。理系女子大生コミュニティ凛は、200911月に設立された、理系女子大生のみで構成する学生団体です。コンセプトは、 「繋がれ、理系女子。」理系女子大生と、理系女子大生。理系女子大生と、社会で活躍する理系女子の先輩。理系女子大生と企業。理系女子大生の繋がりをあらゆる方向へと広げ、理系女子としての可能性を広げていきたいとの考えのもと活動しています。
 
 ホームページ

http://ringirls.wixsite.com/rikeigirls-rin

ブログ